妊娠中はストレスに要注意

妊娠して赤ちゃんが授かると、結構好ましい反面、ストレスの原因になることが本当に出てくることも確かです。ジリジリしたくないのに苛苛が遠ざけられず、胎児に影響があるのではないかと心配になり、又それがストレスになることもあります。ほんわかとした気分で、安らかに過ごしたい妊娠時期、どうしてストレスが溜まるのでしょうか。

一層妊娠すると黄体ホルモンの関係で、体調に変化が生じます。体が熱っぽくなり、風邪という症状になったり、胃の調子が悪くなり吐き気を催したり、肌も荒れてしまう。絶えずだるくて、横になりたいという感じになります。こういう体調はかなりのストレスになります。

また健康な子供が生まれるだろうか、自分はちゃんとした母親に生まれ変われるだろうかと、将来の事が更に心配になり、それもかなりのストレスだ。

妊娠しながらも仕事を続けなければならない状況であるなら、それもストレスだ。体調が悪いのに通勤電車に乗らなければならなかったり、妊娠しているからといって、甘えの許されない職場の場合もあるでしょう。

ご主人が上記のようなことをいまいち理解してなかったら、イライラが募ってしまう。夜更けお酒を飲んで帰ってきたり、休日に友人たちと遊びに行ったりやるのを見ると、そのジリジリは頂点に達したりするかもしれませんね。

では妊婦のストレスはどういう悪影響を及ぼすのでしょうか。

やたらストレスが貫くと、切迫早産になるという可能性もあります。もちろん切迫早産はストレスだけが原因ではないのは確かですが、原因の1つでもあると言われています。

また、ストレスは胎児にも影響を与えます。ストレスホルモンが分泌されて、それは胎児の脳神経に影響を及ぼすことがあるのです。生まれてからの子供がヒステリックになったり、注意欠陥障害を抱えてしまう場合もありますから、出来るだけストレスを抱えないようにする必要があります。

では、どのようにストレスを解消して行けば良いのでしょうか。

●体調が良ければ、近くに散歩に出てみましょう。出来たらご主人にも付き合ってもらい、次第におしゃべりしながら歩くと、心がリラックスしてきます。

●仕事の面でも上司と相談して、通勤時間を遅くしてもらったり取れるかもしれません。信頼のおける同僚にも自分の状況を話して、アドバイスをもらうようにしてみましょう。また、出産しながら勤める同僚がいるなら、相談してみてもいいですね。

●家事もきちんと頑張りすぎないで、掃除なども適当にしておきましょう。いまだに起きてもいない先のことで心配するのは無駄な時間だ、のほほんと暮らして行きましょう。yokihito-movie.com

妊娠中はストレスに要注意