債務整理 債権者

債務整理をすることは債権者に伝えたほうがいいの?

借金をたくさん抱えてしまって返済がままならなくなってしまった、返済ができなくなってしまった、というようなケースには債務整理をするという方法があります。

 

 

債務整理を行うことによって返済額の減額などが行われるメリットがあります。
そして債務整理をする際には必ず事前に債権者に伝えておいた方がよいでしょう。

 

 

債務整理を行う際には専門家等に依頼を行って債務整理を行うことになるケースが多いかと思います。
専門家に依頼している場合には手続きを開始した後に専門家が債権者に対して受任通知の発行や取引の履歴の開示請求などを行うことになります。

 

 

そしてそれが債権者に対して届くとその時点で債務整理の交渉がまとまるまでは返済を行う必要がなくなります。
取り立ての連絡も来なくなります。
それで債権者へ債務整理についての連絡が行くこととなりますが、まだ債権者に届いていない時に債権者から債務者へ連絡が来る場合があるかもしれません。

 

その際には債務整理を行うということを事前に伝えておいた方が債権者側もその低で話をすることができますから伝えておきましょう。