トラブルがある場合の債務整理

過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理

本当にお金に困ってしまい、友達や親から借りるよりは、気持的に楽なので、消費者金融でお金を借りることはありうるのです。

 

今は審査も簡単で即日キャッシングできる消費者金融は多いのです。
でもそういった消費者金融からお金を借りて、返していくことを繰り返していくとどうしても期日までに返済できなくなることもあるのです。

 

 

そして、本当に返さないとお金を貸した側の消費者金融は、返済を迫ることになります。
貸す側の消費者金融としては、返して貰えないと会社は成り立ちませんから延滞などには、かなりシビアです。

 

返せないとブラックリストと呼ばれる形で、民間の調査期間のデータベースに登録されます。
そしてこの情報は、あらゆる金融機関が見れる形になるので、他の金融機関でお金を借りるときには、信用度がない扱いをするのです。

 

 

ですから、債務整理というかお金を借りていて返せなくなったときに借金の返済を司法書士に依頼するときにもブラックリストに載っていると新しくローンを組んで返済するのが難しくなります。

 

ちなみに最低7年間はローンが組めないのです。